top

てくり別冊 te no te

価格(税込):
1,543
関連カテゴリ:
書籍
てくり別冊te no te いわ「てのて」しごと ― crafts & products

てくり編集部が気になる、うつわ、南部鉄器、ホームスパン、木工など、 岩手県内の工房を訪ね歩いて集めた16の「手仕事」たち。

つちへん<日々のうつわ>
大沼道行  メリーシリーズ
高橋昌子  四方皿
泉田之也  すり鉢

きへん<木のぬくもり>
プラム工芸  五角ばし
南部桶正  おひつ
滴生舎  こぶくら
藤澤康  箸置き
橋本勲  キトキト
柴田恵  鈴竹バッグ
高岡興作  ミニミニ箒

いとへん<織りと染め>
蟻川工房  ストール
中村工房  ムカデマフラー
山本実紀  靴下
小田中耕一  風呂敷

かねへん<南部鉄器>
小笠原陸兆  鉄ケトル
宮伸穂  オイルパン

対談:ものづくりの さきに 在るもの
平山貴士(Holz)×エフスタイル

A5判、100ページ、1500円(税込)


てしごと、ものづくりの盛んな、東北岩手の、ものづくりをしてる方々についての紹介やインタビュー。
陶器、木工、織り、鉄器などなど・・・・
地道な作業をこつこつと、でも楽しみながら、地に足のついた職人さんたちのお話やエピソードは、どれもほんとに興味深くおもしろい。
ゴツゴツした手、しなやかな手・・・
「手」しごとというだけあって、どの方の手もとても魅力的でした。


* ミニコミ誌 「てくり」 *
てくりホームページ



(ホームページより引用)
「てくり」って?
岩手県盛岡市の「ふだん」暮らしをテーマに、
既存の情報誌や広報誌には載ることがない、
ちょっとうれしいこと、おもしろい人、紹介したいものごと・・・
そんな日常の物語たちを集め、
紹介する本があったらいいなあ。。。

そんな想いからできたのが、「新世代ミニコミ誌・てくり」です。

「ミニコミ」というと活字だらけで写真が無い、
ガリ版刷り(?)なイメージですが、
その「綴る」という気持ちを残しつつ、
「タウン誌」でもなく「情報誌」でもない、
ほっと一息つけるような「カフェ的」雰囲気のビジュアル誌を
イメージしています。

盛岡は「みちのくの小京都」とよばれる、
城下町の面影を残した地方都市です。
近年、県外資本の大型店舗やマンションが目立つようになり、
風景も人も、ずいぶん様変わりしてきたように思います。

そんなこの街で、スタッフ達のアンテナにひっかかった
選りすぐりの物語たちは、
全国の方々にも読んでいただきたいものばかり。

きっとそこには、時代や場所に左右されない、
普遍的な何かが隠されているのかもしれません。

てくりてくりゆっくりと、年2回の発行を目指していますが、
やりたい企画はもりだくさん。
楽しみながら続けていければいいなあと思っています。

「生活」という冒険の世界へ、
「てくり」と一緒にでかけましょう。



愛知県からは遠く離れた、岩手県盛岡市のミニコミ誌ではありますが、読み物として「おもしろい!」って愛読していた冊子なので、KINOでも販売しています。

「てくり」は、おもしろいのはモチロン、地に足のついた、主語・述語のはっきりとした信頼の出来る本だと思うので、ほんとにおすすめです。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。